このエントリーをはてなブックマークに追加

当店について

当店について

当店はオーナーが釣り好きで、ぜひ私の釣った美味しいお魚を食べてもらいたい。
その一言から開店することを決めました。
自社で釣り船を2隻保有しておりますので、海が時化ない限りは毎日海に出て、その時の旬なお魚を釣って参ります。
釣り上げたお魚は、当日中に立川市の店舗へ配送して、当日中にお客様へ食べて頂ける様に準備しています。
東北、関東、東海を中心とした各地の船宿(釣り船)さんと提携をして、釣り物を直送してもらったりしています。
IREGUI 1091 外観 IREGUI 1091 コックピット
IREGUI 1091 デッキ IREGUI-2 1091-2 2号艇

もともとは釣り人のオーナー!仲間の釣り人にこんな協力依頼もしています。

鰯からクロマグロ(本マグロ)まで自社で釣ってきますが、釣れない時や海域によって釣れない魚などもあります。
そこで当社の本社1階で営業してるオフショアルアーショップで有名な釣具店 小平商店さんとの提携により釣り人買取りシステムなるものを開始!
常連のお客様が当日釣った魚を持込み、魚の状態が良いものを選ばせて頂き、当社が買取り立川の鮨雅でご提供すると言うものです。
鮮度が良いのは当然なのですが、これによって市場で仕入れるよりもコストが抑えられるため、お客様にお安く提供出来るというメリットあります。
釣り人ならば分かることなのですが、たくさん釣れるのは嬉しいけど、近所に配ったりするのも意外と大変!
それがお金になれば次の釣行や釣り具の購入の軍資金になる!と、釣り人からも喜ばれております。
当店もお客様も釣り人も皆様がWin-Winでハッピーになれる!これもまた当店の目指すべきところです。
釣り人オーナー 本マグロファイト中 釣り人電動リール 本マグロ巻き上げ中
釣り人オーナー 本マグロファイト中 釣り人電動リール 本マグロ巻き上げ中

安定したお寿司ネタは全国各地の魚市場から国産天然物を仕入れます。

それでもお寿司屋さんですので、安定した供給(仕入れ)も必要な訳ですので、釣り物以外のお魚は築地市場、小田原市場など全国各地の市場から、天然の魚を仕入れております。
ブランドの関さば、関あじをはじめ、真鰯、コノシロ(こはだ)、サンマなどの青魚。(お寿司屋さんでは光物とも言います)
真鯛、甘鯛、イトヨリ、ヒラメ、カレイ、ハタ、アラ、ムツ、ノドグロ(アカムツ)、金目鯛、クエ、サヨリなどの白身魚。
ブリ、ヒラマサ、カンパチなどの青物。
(ちょっと雑学、寿司屋では白身魚の分類されることが一般的ですが、実はこの三種及びサバやアジも実は赤身魚の部類なんです!所説ありますが、血液色素タンパク質の「ヘモグロビン」、筋肉色素タンパク質の「ミオグロビン」という赤い色素の量が多い魚が赤身とされております。簡単に言うと回遊魚が赤身です。もっと簡単なのは身が赤身をおびているか?アジはピンク色ぽいので赤身。 血合いが真っ赤か?サバの血合いは真っ赤ですので赤身と言う訳です。 でもお寿司屋さんでは白身に分類されるのがこの三種です。 確かに養殖の青物は餌に油混ぜて無理やり脂を乗せ、回遊もしないので身は真っ白!白身に見えます。 天然物の青物の脂がのった個体はピンク色です。 当店の寿司ネタを見て頂ければ赤身と言う意味が分かるかと思います。)
さてその赤身ですが、もちろんマグロやカツオですね。
マグロについては当社で釣ったり、大間産の本マグロを仕入れたり、ですが夏場に至っては国内の生本マグロは脂も乗っておらず、正直な話し美味しくないんです。
夏シーズンに限ってはボストンなどの生本マグロを入れる場合があります。
味を求めると、どうしてもこの様になってしまう事だけはご理解ください。
天然魚と釣魚の鮨 雅(みやび)はもちろん養殖ものは一切使わないのですが、併せて冷凍も一切禁止しております。
冷凍品を仕入れる事は固より、残った寿司ネタの冷凍も一切行っておりません。
だから銀だらの西京焼きとかメロカマなどのご提供をしていない訳です。
これはもちろん味に拘るからこそとご理解ください。
ご提供出来る期限も魚によって決めているので、残念ながら期限が切れて売れ残ったお魚は処分しております。
だからこそ鮮度と味に自信を持っております。

ただし、どうしても冷凍に頼らないとご提供出来ない寿司ネタがあるんですが、ご存じですか?
いくらです!いくらはご存知の通り、鮭の卵である筋子を解して醤油などに漬けて出来たものです。
鮭が秋に川を遡上し産卵をすることはご存知かと思います。
これを通年ご提供するためには・・・冷凍物しかないんです。
こればかりはどうしようも無かったです。
ですがお寿司のネタからは外せない。
秋、生でご提供出来る時はもちろん生でご提供させて頂きます。

常に品質と鮮度に気を配り、いつでも新鮮で美味しい和食!お寿司を平均的予算で食べて頂けるようにお値段も設定させて頂きました。
お食事平均予算は5,000円 お酒を飲む人の平均予算が8,000円です。
敷居が高い様なことを言われることもありますが、ちょっと贅沢な居酒屋くらいの気持ちでご来店ください。
なので接客もちょうど良いくらいにしてありますので、過剰な期待はしないでくださいね(笑)
そんなお寿司屋さんですので、お気軽にご来店ください。
関さば、関あじ、カサゴ、アカハタ、ホタテ、真つぶ貝 金目鯛やノドグロなどの高級魚やボタンエビや活けクルマエビ
お寿司には欠かせない、大間産生本マグロ! 大間産 生本マグロの中トロ、大トロ

メニュー